喫煙歴20年超の私が本気で禁煙したい理由

禁煙したい

photo by Ryon Edwards

どうも、私です。

タバコを吸う人が「禁煙したい!」と思うきっかけ、いろんなことや理由があるでしょう。

例えば、

  • タバコの値上げ
  • 健康診断の結果
  • 妊娠・出産・育児
  • 引っ越し
  • 職場環境の変化

etc.

私も、20年を超える喫煙歴の中で何度か「禁煙したい!」と思ったことはあり、いろいろ試しましたがまったくやめられずにいました。

次々とタバコをやめていく友人たちを横目に「私は一生タバコを吸い続けるんだ」「私にはタバコが似合うから…」などと、半ば諦めたようなやけくそなような気持ちで日々を過ごしていました。

そんな私が、ついに今度こそ本気で禁煙したい!と思ったんです。

まずはその理由をお話しします。

スポンサーリンク

本気で禁煙したい理由

今現在タバコを吸っている人は、もしかしたら気づいていないかも知れません。

私も当時はまったく気づいていませんでした。

でもある日、なぜだかわからないけどある瞬間に、気づいてしまったんです。

「タバコって、くさいな」と。

タバコはくさい。だから、禁煙したい!

このことに気づいた日の夜、タバコを吸わないパートナーに「タバコ、くさいから私、禁煙したいです」と話をしました。

すると「え?今までくさくなかったの??」と不思議そうな顔をされました。

※タバコって、吸わない人からしたら超くさいらしいです。

以前から何度もやめるように促していたのに一向にやめる気配がなかった私がこんな理由で本当にタバコをやめられると思わなかったのでしょう。

実際に何度も禁煙したいと言ってやめられない状態でしたから。

でも今回は、本当です。

本気で禁煙したいと思い、決意をがっちり固めました。

私が禁煙したい理由まとめ

20年以上タバコを吸い続けた私が本気で禁煙したい!と思った理由は「くさいから」。

吸わない人からしたらタバコはくさいもの(=だから吸わない)だそうですが、そう感じる前に吸い始めてしまっていた私は長い間そんな単純なことに気づかずにいたのです。

いや、子どものころは父のタバコがくさかったはず。

自分も吸うようになって思い出をすり替えてしまっていたようです。

今度こそ本当に禁煙したい私は、過去に何度も失敗してきた経緯を踏まえて、本気でもう二度とタバコを吸わないでいいカラダになるための作戦を練ることにしました。

“もう二度とタバコを吸わないでいいカラダになる”

ここが肝心要でした。

タバコを欲する感情があるままやめてもつらいだけだし、いずれまた吸い始めてしまうことは経験上わかっていたからです。

というわけで次は、作戦を練るためにまず調べたことを書きます。

お楽しみに。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください